冬は要注意 髪のダメージ

query_builder 2021/10/27
ブログ

少しずつ寒くなってきました。

秋が終わると

すぐに冬がやってきます。


冬には髪のダメージに要因がたくさんありますので

しっかり対策していきましょう。




1頭皮の乾燥


冬は空気が乾燥しており、喉が痛くなったり、手が荒れるといった影響があります。

喉や手ほど感じやすいものではありませんが、実は頭皮も乾燥の影響を受けているのです。

頭皮は通常、1ヶ月かけて新しい表皮に変わります。

しかし、空気が乾燥すると、空気の乾燥から頭皮を守るために表皮の表面の角質が早く変化し、角化して硬い組織になり変わっていきます。

ここで出た古い表皮がフケとなるのです。

フケが溜まると頭皮の環境が不衛生になり、抜け毛のもとになります。

いつもよりもフケが多くなった、なんとなくかゆみを感じると思った際には、乾燥対策を行いましょう。


2. 静電気

ドアノブに触れた瞬間にバチッ!とくる静電気。実は髪でも起こる可能性があります。

静電気は髪先だけでなく静電気が流れたときに毛根(毛乳頭)にもダメージを及ぼします。

髪は通常、4〜6年かけて生え、成長し、抜けるというサイクルを繰り返します。

しかし、毛乳頭にダメージを与えているとサイクルが乱れて抜けるのが早くなり、

次の芽生えが無くなってしまうこともあり得ます。

今冬にダメージが顕在化しなくても、蓄積したダメージよって起こることも考えられます。

このような事態を避けるため、以下のような対策を行い、静電気が発生しにくい頭皮環境を作りましょう。

染毛は髪が傷みやすいので避けるくしを使うときはプラスチック製のものを避け、

霧吹きスプレーなどを使って軽く湿らせるトリートメントを使い、

髪の保水とダメージ回復を行う


3. 運動不足


これからのシーズンは忘年会、新年会が一気に始まります。

そこで食べるものは塩分が高かったり、いつもよりアルコールを摂取したりと、体に悪い食生活になってしまいますよね。

それによって血の巡りが悪くなり、

髪に十分な栄養が行き渡らず、結果抜け毛に繋がります。

一方、寒い冬は外へ出るのも億劫になって、

ついつい家に篭りがちになってしまいます。

いつもより運動しなければいけないのに、運動ができず、抜け毛だけではなく高血圧や肥満のもとになってしまうのです。

とはいえ忘年会や新年会はなかなか断りにくいもの。

飲食の量を少し控えるとしても、やはり運動不足は大きな問題です。

なかなか外に出にくいから運動できない……という方には、

室内でできる運動をオススメします。

その場でできる「並行足踏み法」やストレッチなどが良いでしょう。

やっぱり外で運動がしたい!

という方は、最初は重ね着で暖かくして、運動で体が温まってきたら一枚ずつ脱いでいくのがオススメです。ランニング等の前には、準備運動を欠かさずに行ってくださいね!


NEW

  • ナチュラルメンズショート☆

    query_builder 2022/01/21
  • ★キャンペーン中★

    query_builder 2022/01/21
  • 野江でヘッドスパするならザサロン野江

    query_builder 2022/01/21
  • 野江でオッジィオットするならザサロン野江

    query_builder 2022/01/21
  • 野江でヘッドスパが人気な美容院ザサロン野江

    query_builder 2022/01/21

CATEGORY

ARCHIVE