野江でケアブリーチの得意な美容室 【ザサロン】

query_builder 2021/09/02
ブログ

〜はじめに〜
ブリーチとは髪の毛の脱色し明るくする効果のある薬剤です。
透明感のある透けるようなカラーや個性的な鮮やかなカラーをする際に必要となります。その際お客様がどうしても気になってしまうのがダメージが普通のカラーより気になってしまうという問題でした。
それを解決してくれるのが「ケアブリーチ」です。



1.ケアブリーチとは?
ケアブリーチとは「ジカルボン酸」という成分が含まれてるブリーチ剤のことです。
このジカルボン酸は、髪の結合を強くする作用を持っていて、通常のブリーチに比較すると、なんと約94%ものダメージが軽減されます!
そして、通常のブリーチよりも仕上がりの質感が良いのも特徴です。



2.ケアブリーチとブリーチの違い(比較)
ケアブリーチ
まず、ケアブリーチは通常のブリーチと比較すると94%ダメージが軽減できます。その為、ブリーチしてある髪にも更にブリーチを重ねることができます。
ブリーチ
ケアブリーチに対して、ブリーチは一回でメラニンを壊す力が強いです。



3.ケアブリーチのメリット
後処理にかかる時間が5〜10分程度しかかからないというのは普段、ブリーチをしている方にとってはたったの!5分程ですよね。更に、1日で複数回のブリーチが可能になります。
もちろん、髪の状態にもよりますが、通常のブリーチと比較すると、一回のブリーチでのダメージが少ない為、複数回行うことが出来るようになるのです。
また、エイジング毛などで細く、乾燥しやすい髪に対して、髪質向上が見込めるのもケアブリーチのメリットです。全ての髪の毛をブリーチしなくてもハイライトなどでケアブリーチを使用するのもおススメです。



4.ケアブリーチのデメリット
やはり、特別な薬剤を使用する為、通常のブリーチよりプラス料金がかかってしまうのは避けて通れません。
また、勘違いされがちですが、ダメージを抑えることは出来ますが全くダメージしない訳ではありません。やはり、ケアブリーチとは言え、ブリーチの一種なので通常のカラーリングなどと比較するととダメージは否めません。
そして、少し美容師目線にはなってしまいますが通常のブリーチと比較すると、ブリーチ力が少し弱いのもケアブリーチのデメリットと言えるでしょう。
ブリーチ力が弱くなると、お客様には具体的にどのようなデメリットが出てくるかと言うと、施術時間がながくなってしまう事や、ブリーチの回数が増えてしまうかもしれないという事が起こり得ます。


まとめ
効果実感としては通常のブリーチとさほど大差が出ない為何度もヘアカラーを繰り返したハイダメージ毛や、パーマとの同時施術をする際はケアブリーチがオススメです。

NEW

  • メンズの髪を切る頻度とタイミング 【野江】

    query_builder 2021/10/18
  • イルミナカラーをするなら、野江で人気の美容室☆

    query_builder 2021/10/18
  • シャンプーの正しい仕方 ザサロン 野江 美容室

    query_builder 2021/10/18
  • イルミナカラーをするなら、野江で人気の美容室☆

    query_builder 2021/10/18
  • 美容室Q&A

    query_builder 2021/10/17

CATEGORY

ARCHIVE